読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meg's memo pad

書きたいことを書くところ

Y!mobileのスマホを月1480円で5ヶ月間使ってみた感想

IT機器 SIM 携帯電話

人生初の格安スマホY!mobileを9月末に契約してから、約5ヶ月が経ちました!

f:id:meg_memo:20170217203550j:plain

5ヶ月前まではauiPhone6を使用し、スマホ代が月8000円ほどかかっていた私ですが、Y!mobileMNPしてから、端末分割金込みのスマホの基本料金が月々1480円(税抜)になりました。

のりかえるまでは、不便なことがないかなど気になっていましたが、実際のところはどうだったのかを、レビューいたします!

 

料金について

Y!mobileは料金プランがとってもシンプル。

プラン名称 高速データ通信容量 基本使用料
スマホプランS 1GB
→2GB
2980円
→1980円
スマホプランM 3GB
→6GB
3980円
→2980円
スマホプランL 7GB
→14GB
5980円
→4980円

高速データ通信容量2倍は、新規・のりかえ・契約変更のすべての方に、2年間適用されます。

基本使用料の割引は、新規・MNPソフトバンクも除く)の方に、最初の12ヶ月間適用されます。

通話は、私が契約した時は1回10分以内月300回まで国内通話無料でしたが、今では10分以内の通話無料回数は無制限になったみたいです。

 

私が使っているのは、この中でも一番安いスマホプランSです。

auからMNPだったので割引で1980円になり、もともとY!mobleのwifiも使っていたので自分同士なのに家族割がきいて1480円になりました。

端末は実質0円のものを選んだので、端末代込みで税抜き1480円です!

(実際にはこれにユニバーサルサービス料が数円かかります。)

 

私のスマホの料金明細

それでも、「知らぬ間にいろいろな追加料金かかって実際はもっとかかったりするじゃないの?」と最初はちょっと不安でしたが、ちゃんと通話料&SMS代抜きで税抜き1480円でした!

参考までに、私の先月のスマホの料金明細はこちら。

f:id:meg_memo:20170217204636p:plain

※「速度回復」は、高速データ通信容量2倍キャンペーン分の通信容量です。My Y!mobileで500円/500MBの単位で申請し、キャンペーン分は請求時に割引されます。

 

通話料が200円、SMSが6円かかっていますが、それを除けば税抜1480円、消費税8%を加えても税込1599円です!

端末代込みでこの値段は、ほんとにすごい…。

 

通信について

通信速度とエリアですが、都内で利用している限りでは、auのときとそこまで違いを感じませんでした。

ただ、スマホプランSの通信容量はすぐ使い切ってしまうので、wifiルーターはいつも持ち歩いています。

 

通話について

10分以内の通話が無料なので、10分以内に必ず電話を切るようにしています。

ここで気をつけなければいけないのが、通話でも、ナビダイヤルと留守電は有料です。私もナビダイヤルや留守電の分の料金が毎月数百円かかっています。よく利用する方はご注意ください。

 

端末について

端末は、京セラのDIGNO E 503KCのレッドです。

当時の販売価格は38880円でしたが、分割支払金(24回払い)が1620円に対し、月額割引が1620円適用されるので、実質0円でした。

※今はもっと値下げしているみたいです。

防水・防塵・耐振動がついてる!

実質0円の格安モデルですが、特徴は防水・防塵・耐振動に対応していること。

ケースなしで使用していますが、外を歩いていて、手からスルッとすべって、アスファルトの地面に叩きつけてしまっても、壊れたことはありません。

f:id:meg_memo:20170217203559j:plainf:id:meg_memo:20170217203555j:plainf:id:meg_memo:20170217203603j:plain

縁が傷だらけで少し痛々しいすが、今のところ動作にも問題はありません。

防水機能もついているので、小雨の日に傘をささずに使ったり、汚れたら軽く洗い流したりできて、本当に便利です。

カメラの画質はそこそこ

800万画素のアウトカメラと200万画素のインカメラがついています。

アウトカメラでとった画像はこちら。

f:id:meg_memo:20170217212245j:plain

ふだん使いには、ふつうに良いと思います。

ストレージ4GBはつらい 

この端末で一番不安だったのが、ストレージ。

ストレージがいっぱいになるのを何度か経験し、今では、初期アプリと、LINEとEvernoteYahoo!ニュースとYahoo!乗換案内とパスワード管理アプリだけになりました。

 

メールアドレスについて

三大キャリア以外の携帯電話を使用するときに少し心配なのがメールアドレスのこと。

一応、Y!mobileでは@ymobile.ne.jpのメールアドレスが与えられますが、私は初期のランダムな英数字のアドレスのまま放置し、今のところ誰にもアドレスを教えていません。

たまに、何かに登録するときに、携帯電話のアドレスを記入・入力する欄があることがありますが、パソコンのアドレスだけ記入・入力するようにしています。

一昔前だと、携帯電話のメールアドレスを所有していないと登録できないサイトなども多かったかと思いますが、今はもう減ってきているんじゃないでしょうか。キャリアメールアドレスもだんだん必要なくなっていると思います。

 

LINEについて

年齢確認には三大キャリアの認証が必要です。

格安SIMを使っている場合、一部の抜け道を除いて、LINEの年齢確認をすることが困難なのがデメリットでもあります。しかし、Y!mobileはというと、実はソフトバンクのブランドですので、年齢確認は可能なんです。

 

Y!mobileにして良かった

スマホは一度契約したら、分割金や解約金の関係で、2年くらいは解約しにくいものです。長く支払わなければいけないものだからこそ、安めにおさえられるY!mobileにして良かったと思います。